ねこてん木版画 展示室-A
Part5

展示室A-Part1へ  Part2へ  Part3へ Part4へ

木版画Top
彩色画ギャラリー


画像をクリックすると大きな画像が別窓でご覧いただけます。

ひとっ飛び
ねこてんは、どこへでも自由自在
どこへでもひとっ飛び
ありとあらゆるところへ行きますよ
小さなドラゴンの話を聞くねこてん
ねこてんは、いろんなものの話を聞きます
今回は小さな小さなドラゴンから。
どんな話なんでしょう

夕日を浴びるねこてん

夕日をあびて力を蓄えるのです
山の向こうから
山並みを見ていると
ときどきねこてんがこちらを見ているよ。
凍てつく夜に

透きとおるシンとした夜空で感じるもの

この紐を引くと?
なにがでてくるのでしょうか
世界がひっくり返るかも・・・・
魔法の羽
ねこてんは、魔法の羽を持っています。
いろんな良いことに使うんです。
波を渡るねこてん

ときどき、飛ばずにこうして波を渡っていきます

夢をみるねこてん

どんな夢をみているのでしょうか。。
月を讃えるねこてん
月は友だち
満月のときはこうして讃えます。
もの思いにふけるねこてん

考える時は、この大きな石の上が定番のようです

突き抜けて行く
ねこてんは、上へ下へとどこでも
突き抜けて突破します
夕暮れに
夕暮れ時の三日月を見ながら
何を想うのでしょうか。
止まり木
大きな木のてっぺんが少し揺れていたら
それは、ねこてんが止まっているかもしれません

扉の向こうは?
ねこてんが開けようとしている扉
向こうには何があるのでしょう。
まどろむねこてん

ちょっとうとうと、何か夢でも見ているかな

これまでにきた道とこれからの道。

ほのお

ねこてんの手にあるのは、命の焔です。
いつまでも燃えるように、見守っています。
ふくろうの話を聞くねこてん

ふくろうの話を、根気よく聞いています。
どんな話なのかな?
ねこてんとふくろう

森の中で、つかず離れずの関係


雲居のねこてん

ねこてんは雲居に住んでいます。
空からこちらを見つめていますよ。
ゆらゆらねこてん

花穂にのってゆらゆら
ねこてんも、たまにはこんな風に遊びます
落葉に乗って

青空にひとひらの落葉。
思わず乗って、ひらひら風まかせ

釣りをするねこてん

異空間の穴。
ねこてんの釣るものは、はたしてなんでしょう?
帷をめくるねこてん

夜の向こうは青空。
そろそろ夜が明けますよ
おやすみねこてん

ちょっと巣を借りてお休憩です。
居心地が良いようです。

ねこてんの肖像7
ねこてんの肖像8

ペアの「ねこてんの肖像」今回で4作目です。いつもタイプの違うペアで制作しています。